マンスリーマンションに年単位で長期的に入居する際の注意点

Monthly Mansion

年単位で長期的に入居する際の注意点

広々としたダイニング

マンスリーマンションの契約の形態として、不動産屋では1ヶ月単位で契約を更新している事が多いですが、原則的に最大でも1年間だけ契約を行う形態になっています。最大でも364日の期間で同じ部屋に住める契約が原則で、住居の期間が1年を超える事が見込まれる場合は再契約として手続きを行います。住民票は短期間で住む場合は移動させない事が原則ですが、1年を超える住居が認められる場合は契約した住所に移す事が可能です。清掃費などの付随費用の徴収は不動産屋などで異なっていて、基本的に契約を更新する毎に基本料金と付随費用を同時に徴収する事が特徴です。
長期間に渡って同じマンスリーマンションに入居する事が決まっていても、予約などの状況によっては同じ部屋に住めない事もあります。良い部屋に契約期間の間に住んでいたとしても、契約期間が終了するまでに、他の人が住んでいる所の入居の予約を入れた場合、予約を入れた人を優先的に住まわせる事が基本です。契約期間が終了する前に誰も予約を入れないで更新の手続きを行えば、自動的に住居の契約の更新になるので、同じ部屋に住む事が決まった場合は出来るだけ早めに更新の手続きを行っておきます。住んでいるマンスリーマンションに他の人の予約が入って更新が出来ない時には、担当者と相談しながら別の部屋を紹介してもらいます。

すぐに借りられるのが便利なマンスリーマンション

マンスリーマンションの良いところは、すぐに借りることができるというところですよね。
正社員になることができず、最初の頃は済む所に困っていたのですが、高収入の仕事や寮のある仕事を選んでなんとか食いつないできました。寮がある所はいいのですがない場合に、普通の賃貸だと自分のような立場ではなかなか部屋が借りづらかったりするのですが、マンスリーマンションだったらすぐに借りることができるので助かります。そのため、寮のない期間工求人のような仕事があってもすぐにマンスリーマンションを契約してその仕事を始めることができるので、取り敢えず仕事探しに困らないので助かります。
初期費用の負担が少ないのもまとまったお金が出しづらい自分からすればありがたいものですし、それに加えて家具や家電は予め備え付けられているのでそれらのものを用意する必要もなければ、引越し代もかからないのでほぼ家賃だけ考えていれば良いため費用の負担も少なくて助かります。
安定した仕事があれば、月の家賃が安い普通の賃貸が良いのでしょうが自分のように仕事が安定しない立場であれば、すぐにいい仕事があれば移り住むことができるマンスリーマンションが便利で仕方ありません。

マンスリーマンションの入居の際に困った場合の対処法

マンスリーマンションに入居している時には様々なトラブルが予想されるが、予め不動産屋によってはトラブルなどの対処法をマニュアルとして渡す場合があります。マンスリーマンションで予期しない出来事が起こった場合は、マニュアルに沿って自分で対処する事が原則です。入居をしている時に困った場合、自分で対処できないと思ったら、すぐに契約した不動産屋の担当者に尋ねる行動を心掛けます。
入居していて風水害に遭うまではは予め予測が可能で、台風などの備えをしていく事が大事です。大きな地震などの突然に起こる災害に見舞われた場合は物が落下したり、停電に見舞われたり、ガスの供給が止まります。地震で停電になる事もあるので、予め災害に備えて懐中電灯などを準備しておいた方が良いです。マンスリーマンションによっては緊急時の道具が置いてあったり、非常の時に脱出する非常口があります。万が一の為に契約の前に非常口を確認したり、非常用の道具などの有無を確認しておくと安心です。料理をしている場合に地震や風水害で危険な状態の時には、すぐに火を消します。停電になった時にはオートロックなどが作動しなくなる事も多いので、別の出口を探して脱出したり、携帯電話で担当者からの指示を仰ぎながら行動する方が安全です。

TOP